プレスリリース

米国企業が日亜特許の侵害を認めて侵害製品の販売を中止

最近、日亜化学工業株式会社(以下、日亜)は、オプトロニクス社(米国のLEDマーケティング・流通会社)が中国メーカーから購入、販売しているLED応用製品が、日亜の米国特許の少なくとも1つに抵触する台湾製白色LEDを使用した侵害品であることを知り、オプトロニクス社に対して、その販売中止を要求しました。

オプトロニクス社は、2004年4月に特許権侵害を認めて侵害品の販売を中止するとともに、非侵害の白色LEDを使用した応用製品に切り替えることに同意しました。オプトロニクス社が日亜特許権の侵害を速やかに認めたため、訴訟等の法的紛争に至ることなく、早期に解決しました。また、オプトロニクス社は、非侵害品として日亜製白色LEDを購入することにも同意しています。これにより日亜は、オプトロニクス社に対し、同社の販売する新製品に日亜LEDの使用を示すラベルを貼付することを認可する予定です。

日亜は、知的財産権の保護を重視しております。いかなる国においても知的財産権を侵害する者に対しては、積極的に権利を行使いたします。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752