プレスリリース

車載、照明用途に高出力、高効率白色LEDを開発~1mm角のラージチップで50lm/Wを実現~

日亜化学工業株式会社(以下、日亜)は、今後市場の拡大が期待される車載、照明用途に高出力・高効率の白色発光ダイオード(以下、白色LED)を開発し、10月下旬から特定ユーザ向けにサンプル出荷を開始致します。量産については、2005年夏までに月産100万個の生産体制を構築します。 現在、白色LEDは、携帯電話、デジタルカメラなどに代表される小型カラー液晶のバックライトとして使用されており、今後は、小型、低消費電力、水銀レスなどの特徴を生かして、中・大型液晶バックライトや特殊照明、車載などにも検討が進められております。ユーザからは、更なる高出力化の要求が強くなっており、当社では車のヘッドライトのLED化を視野に入れた高出力・高効率のLED開発を行ってまいりました。

今回開発した白色LEDは、ラージチップ(1mm角)を使用し、発光層近傍の構造の最適化および電極構造や材料を見直すことで、発光効率は、現在量産中の製品の約20lm/Wから 2.5倍の50lm/Wに効率アップを達成しております。今回開発した、高効率・高出力の白色LEDを数10個使用することで、HID光源使用のヘッドライト以上の明るさを実現することが可能です。LEDとして今後大きな成長が期待できる、車載市場(特にヘッドライト)には、ヘッドライト専用のパッケージ開発および要素技術開発を行っており、2006年度前半の製品化を目指しております。

市場動向を睨みながらタイムリーな製品化を行うと共に、今後の市場の拡大を予測し、その生産規模を大きく拡大し、市場への十分な供給体制を構築いたします。日亜はこれからも、市場要求に適ったLED製品をタイムリーに上市するとともに、知的財産権が尊重される公正で健全なマーケットの成長に貢献し続けます。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752