プレスリリース

米国での意匠侵害訴訟提起について

2006年1月10日、日亜化学工業株式会社(以下、「日亜」という)は、韓国のソウル半導体社(Seoul Semiconductor, Ltd.)(以下、「ソウル半導体社」という)及びその米国子会社でカリフォルニア州のSeoul Semiconductor, Inc.社に対して、意匠権侵害差止め及び損害賠償請求訴訟をカリフォルニア北部地区連邦地方裁判所に提訴いたしました。本件訴訟において、現在のところ日亜が差止め及び損害賠償の対象として主張している製品は、ソウル半導体社の902シリーズ等のLED製品です。また、Creative Labs, Inc.社、Creative Holding, Inc.社及びCreative Technology, Ltdに対しても、ソウル半導体社のLEDを内蔵する製品(MP3プレイヤー)を輸入、販売しているとして、共同被告として提訴しております。

訴状においては、日亜の所有する4件の意匠侵害を主張しております。意匠の番号は米国意匠第491538号(2004年6月15日登録)、米国意匠第490784号(2004年6月1日登録)、米国意匠第499385号(2004年12月7日登録)及び米国意匠第503388号(2005年3月29日登録)で、いずれもLEDに関する意匠です。上記米国意匠第491538号に記載の図面は以下の通りです。

このタイプの日亜製LEDは主に携帯電話、PDA、MP3プレイヤーなどの液晶ディスプレイのバックライトに用いられています。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752