プレスリリース

ソウル半導体社日本法人に対する白色LED訴訟提起(第2訴訟)について

2008年4月24日、日亜化学工業株式会社(以下、「日亜」という)は、韓国のSeoul Semiconductor Co., Ltd(以下、「ソウル半導体社」という)の日本子会社ジャパンソウル半導体株式会社(以下、「ジャパンソウル半導体社」という)を被告として、日亜が所有する特許権に基づき、侵害差止め及び損害賠償を求める訴訟を、新たに東京地方裁判所に提起致しました。

日亜が差止め及び損害賠償の対象として主張している製品は、ジャパンソウル半導体社が販売するChip LEDの白色LED製品等(BW104-S、WH104、WH104-C、TWH104-H、MPW104-F1、WH107、WH201、WH601、WH108-S、WH108、FCW100、FCW100Z、FCW101Z、WH1222)で、この白色LEDが日亜の特許権(特許第3900144号)に抵触するものと判断し、本件訴訟を提起するに至りました。

今後も知的財産権が尊重される公正なマーケット育成に寄与するため、日亜の知的財産権を侵害するいかなる企業に対しても、全世界的において、継続的な措置を講じ続ける所存です。

なお、日亜は、ソウル半導体社に対し現在、米国、韓国、及び日本において知的財産権に基づく侵害訴訟をそれぞれ継続中です。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752