プレスリリース

ソウル半導体社のデザイン権が無効に

韓国特許審判院は、LEDメーカーであるソウル半導体株式会社(以下、「ソウル半導体」)のデザイン権(登録第364186号)が、先に公開された日亜化学工業株式会社(「日亜」)のデザイン(デザイン登録公報、第294490号の類似第2号)に類似しており、無効だという審決を2008年5月22日下しました。同審決は日亜がソウル半導体を相手取って2007年7月24日に提起した無効審判事件に関するもので、無効となったソウル半導体のデザイン権は、サイドビュー型発光ダイオードに関するものです。

日亜がソウル半導体を相手取って提起した他の係争関連の発表:
·ソウル半導体社アクリチ製品に対するイギリスでの訴訟提起について(2008.5.14)
·ソウル半導体社日本法人に対する白色LED訴訟提起(第2訴訟)について(2008.4.24)
·ソウル半導体社を名誉毀損で提訴(2007.12.28)
·米国裁判所にてソウル半導体社が日亜米国意匠権を故意侵害との評決(2007.11.09)
·ソウル半導体社に対する韓国での白色LED訴訟提起(第2訴訟)について(2007.10.10)
·ソウル半導体社に対する韓国での白色LED訴訟提起について(2007.9.17)
·日亜とソウル半導体社の米国意匠訴訟について(2007.9.04)
·ソウル半導体社日本法人に対する白色LED訴訟提起について(2007.5.17)
·米国での意匠侵害訴訟提起について(2006.1.16)

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752