プレスリリース

ソウル半導体社アクリチ製品に対するドイツでの訴訟提起について

2008年7月7日、日亜化学工業株式会社(以下、「日亜」という)は、韓国のSeoul Semiconductor Co., Ltd.(以下、「ソウル半導体社」という)、ソウル半導体社のドイツ法人であるソウル半導体ヨーロッパ及びソウル半導体社製品をドイツで販売するConrad Electronic SE を被告として、日亜が所有する特許権に基づき、侵害差止め及び損害賠償を求める訴訟をドイツにて提起致しました。

日亜が差止め及び損害賠償の対象として主張している製品は、ソウル半導体社製Acriche(アクリチ) シリーズの白色LED製品で、この白色LEDが日亜特許権[EP(DE)622858]に抵触するものと判断し、本件訴訟を提起するに至りました。このアクリチシリーズの製品はソウル半導体社の代表的な製品であり、ヨーロッパの街路灯などにも使用されております。

なお、日亜は下記の通り侵害差止め及び損害賠償を求める訴訟を既に提起しており、現在遂行中です。

·米国ではサイドビュー白色LEDに関する意匠権侵害訴訟 (ソウル半導体社が日亜の意匠権を故意に侵害したとの陪審の評決を取得済)
·日本ではパワー系型白色LEDに関する特許権侵害訴訟及びチップ型白色LEDに関する特許権侵害訴訟(第2次)
·韓国ではチップ型白色LEDに関する特許権侵害訴訟及びパワー系型白色LEDに関する特許権侵害訴訟(第2次)
·英国ではアクリチシリーズ白色LEDに関する特許権侵害訴訟

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752