プレスリリース

車載ヘッドアップディスプレイ用半導体レーザーの製品化について

日亜化学工業株式会社(本社:徳島県阿南市、代表取締役社長:小川英治)は、車載ヘッドアップディスプレイ(*注1)用途向けに青色ならびに緑色の半導体レーザーを製品化することを決定しました。

現在の車載ヘッドアップディスプレイには光源としてLEDが採用されていますが、光源を半導体レーザーに置き換えることにより、次のようなメリットが見込まれます。
半導体レーザー光源は、輝度が高く色再現性に優れており、車載ヘッドアップディスプレイ用途においては、広画角化、低消費電力化、高コントラスト化、色再現範囲の拡大など多くの点で優位性を持っています。
この度、弊社はパッケージ(金属製の外装)に半導体レーザーでは実績の高いφ5.6mmキャンタイプパッケージを使用し、内部に実装する半導体チップの電力から光への変換効率を改善したことにより、信頼性と品質の向上を実現しました。
サンプル出荷は2014年10月より、量産は2015年10月より開始を予定しています。

(*注1) 車載ヘッドアップディスプレイは、自動車のフロントガラスに運転者向けに速度表示やカーナビゲーションガイドなどの基本的な情報の画像を提供し、運転中の視線移動を少なくし安全運転をサポートするディスプレイです。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752