プレスリリース

2018.7.25

LED応用製品の生産体制拡充について

当社は、この度、鳴門工場(徳島県鳴門市大麻町)に新たな生産棟を建築し、LED応用製品の生産体制を拡充することといたしましたのでお知らせします。

1.新築する施設の概要

名称 N-2棟
建物 構造:鉄骨造(S造)免震構造
階数:地上6階建
寸法:東西122m×南北59m×高さ48m
延床面積:約45,000m2
用途 LED応用製品の生産
工期 2018年8月~2020年5月(2020年5月31日竣工予定)

2.投資の概要

LEDは、主に照明向けやバックライト向けの需要が堅調に推移するとともに、自動車の内外装等車両への搭載や産業機器用途など様々な分野への利用が広がっており、今後の更なる市場の拡大が予想されています。

当社は、これら多様なニーズに対応可能な商品群を安定供給でき、お客様の生産効率化に繋がるような使いやすい商品を生産できる体制を整え、LEDにおけるトップクラスのシェアを維持するとともに、従来光源の置き換え需要にとどまらず新たな市場を開拓するため、LED応用製品の新生産棟を建設いたします。

新生産棟の建設費を含む初期投資額は、約130億円を予定しております。また、新生産棟完成後、生産設備を順次導入予定であり、2021年までに建設費と合わせて約160億円の投資を見込んでおります。

これらにより、2021年には鳴門工場の応用製品の生産能力を現在の約2倍へ増強する計画であり、それに伴い同時期に人員を50人から100人程度増員する見込みであります。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7717