プレスリリース

2019.7.23

Lighting Science Group及びその子会社に対しフロリダで3件の特許侵害訴訟提起

2019年7月19日、日亜化学工業株式会社(以下、「日亜」という)は、LED照明機器を製造している米国のLighting Science Group Corp.(以下、「LSG」という)を被告とする特許侵害訴訟を米国フロリダ州中部地区連邦地方裁判所に提起いたしました。また、日亜は、LSGの子会社であるHealthe, Inc.とVividGro, Inc.の2社に対する特許侵害訴訟も同裁判所に提起いたしました(以下、総称して「本件訴訟」という)。

日亜は、3社の行為が日亜の13件の特許(米国特許第6,838,693号、第7,348,602号、第7,750,337号、第8,120,057号、第8,309,375号、第8,309,948号、第8,344,402号、第8,530,250号、第8,728,916号、第8,796,721号、第9,444,011号、第9,865,773号及び第10,276,751号)に抵触すると判断し、本件訴訟を提起いたしました。日亜は、これらの特許ポートフォリオは、LEDチップ及びLEDパッケージの製造方法及び構造を幅広く対象としていると判断しております。

2019年4月30日、LSGは、日亜の製品がLSGの保有する3件の特許を侵害するとして、日亜に対して、米国国際貿易委員会(International Trade Commission、以下、「ITC」という。)への申し立てを行うとともに、米国ジョージア州北部地区連邦地方裁判所(以下、「ジョージア州連邦裁判所」という。)への提訴をしました。しかしながら、日亜は、ITCとジョージア州連邦裁判所におけるLSGの訴えは根拠を欠いていると判断しており、LSGが侵害を主張する対象特許の有効性について争うべく米国特許商標庁でのinter partes review(IPR)の申し立てを行っております。

.pdf  中国語(繁体字)はこちら
.pdf  中国語(簡体字)はこちら

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7717