プレスリリース

2020.12.8

概日リズム(サーカディアンリズム)を整える調色ソリューション

日亜化学工業株式会社(本社:徳島県阿南市、社長:小川裕義 以下「当社」)は、サーカディアンリズムを考慮した調色を実現するための2つのLEDを開発したことをお知らせいたします。これらを応用することで、照明器具の色温度可変に加え、心身の活性化や入眠に関わるスペクトルの調整が可能となります。

このサーカディアン調色(*1)は、当社独自技術のシアン発光蛍光体を用いたLEDと低色温度の白色LEDを組み合わせて使用することで実現されます。

これまでのヒューマンセントリックライティング(人に優しい照明)は、主に “色温度を変える”ことに着目されていましたが、当社は、起床から日中までの活動時間帯にも注目しました。第一弾として昨年、活発化を促し、作業効率を上げるVitasolis™をリリースしました。そして、今回シアン発光蛍光体を用いたLEDによる新しいサーカディアン調色を発表いたしました。一般的にシアンの青緑光(490nmの波長付近)は、一日のサーカディアンリズムを整えるのに重要な役割を担っており、これを用いることによって、目覚めから入眠まで快適な一日をサポートします。

起床から日中の活動時間帯までは、自然光同等以上のシアン光が含まれた高色温度にすることで、快適な目覚め、注意力の向上、集中力の維持を促します。一方、夕方以降は、シアン光を徐々に減らし低色温度に向かうことにより、リラックス効果や安心感、そしてスムーズな睡眠への移行を促します。このようにシアン光の量と色温度を同時に調整することで、よりサーカディアンリズムに配慮した人に優しい照明となります。

さらに低色温度側の白色LEDに当社がGE Current社とライセンス契約を結んだTriGain®技術を用いたLEDを使用することで、JIS Z 9112:2019 高演色形クラス2を達成した高演色(Ra90以上)、高効率な照明器具を作り出すことが可能となります。

当社は、一歩進んだサーカディアン調色に向けたLEDを提供することにより、世界の人々の健康に微力ながらも貢献できますことを、心より望んでおります。

尚、TriGain®技術を使用した白色LEDは日亜757シリーズにて既に上市しておりますが、シアン発光蛍光体を使用したLEDにつきましては、 2021年前半よりご利用可能となります。

*1サーカディアン調色は人間の概日リズムに沿った発光スペクトルと色調を調節出来る技術です。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7717