プレスリリース

2020.12.22

徳島国際サイエンス研究所を設立

~先端科学分野の研究、人材育成ならびに国際および地域貢献をめざす。~

日亜化学工業株式会社は、徳島大学と共同で、徳島大学内に先端科学分野の研究、人材育成ならびに国際および地域貢献を目的とする「徳島国際サイエンス研究所(協働研究所)」を2021年1月に設立し、下記の通り活動を開始します

この研究所では、当社が2016年から交流を続けているテクニオン-イスラエル工科大学の同意を得て、テクニオン-イスラエル工科大学と徳島大学、日亜化学の三者が協力して次のような取り組みを行います。
・先進性、卓越性およびイノベーション性を重視した先端科学研究。
・研究に携わる研究者やポスドク、学生による研究を通した留学などの人材交流。
日亜化学は、この研究所の研究・人材交流・運営を支援していく所存です。
この研究所の設立に先立ち、テクニオン-イスラエル工科大学と徳島大学の間で大学間学術交流協定が結ばれたことも、イスラエルと日本両国、および両大学の将来にとって喜ばしいことです。
これらの取り組みによる相乗効果により、学術研究の活発化とレベルアップ、国際的人材の輩出など、両地域の発展や若者の雇用増加に資することを期待します。

※研究所概要
・名称:徳島国際サイエンス研究所
    英名 Tokushima International Science Institute
    通称 TISI (タイサイ)
・期間:第1期(令和3年1月1日~令和6年12月31日、4年間)
・組織:所長 佐々木卓也(徳島大学 研究担当 理事)
    副所長 向井孝志(日亜化学 取締役研究開発本部長兼徳島研究所長)
    顧問 Mordechai Segev (モルデカイ セゲブ)
(テクニオン-イスラエル工科大学Distinguished Professor 〈特別教授〉)
・研究分野:サイエンス研究全般(理工学、医学分野など)
・テーマ:両大学研究者による共同提案の中から最大5件/フェーズ
・研究期間:2年/フェーズ、フェーズ毎に成果を評価、継続/新規採用を審査
・予算:$100,000/テーマ・年
・事務局:徳島大学 日亜会館2Fに設置予定

※テクニオン イスラエル工科大学
テクニオン-イスラエル工科大学(以下、テクニオン)は、科学、技術、工学の分野でイスラエルを代表する研究大学であり、世界的にも有数の技術系大学にランクされています。
テクニオンはイノベーションと起業家精神で知られており、卒業生や研究者は、世界に影響をあたえる数々の画期的な発明を行ってきました。テクニオンは、アーロン・チカノーバー教授、アブラム・ハーシュコ教授、ダン・シェヒトマン教授、アリー・ウォーシェル教授の4人のノーベル賞受賞者を誇っています。
長年にわたり、テクニオンはイスラエルを「スタートアップ国家」として位置づける上で重要な役割を果たしています。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7717