高い混色性を有する調色COBシリーズ

近年、生活をより豊かにするため、生体リズムに合わせた色温度の選択など、光環境を適切にすることが注目されています。これを実現する方法としてこれまで調色仕様の灯具には、既存のLEDパッケージ製品を複数個基板に実装する手法が一般的に採用されていました。その方法では基板の設計自由度が高い反面、各LEDパッケージの発光色を混ぜる(混色性を良くする)工夫が必要となり、特に配光角を絞った灯具の実現が困難でした。高光束密度を特徴とするCOB-Zシリーズをベースとした調色COBシリーズ(型番名:NJCWL024Z-V1MT/NVCWJ024Z-V1MT)がこの課題を解決し、調色灯具を簡易に実現できると考えております。本商品はCOBパッケージ内で発光素子サイズでの発光色制御を可能とすることで、光源の発光面積を小さくするとともに、COBパッケージ単体での混色性を改善しています。

季節、時間、目的に合わせた色選択が可能になるため、店舗用スポットライトに、また生体リズムに合わせた色温度の変更が可能となるため住宅用ダウンライト等に適していると考えております。さらに、従来の調色灯具においては混色性が課題となり達成出来なかった灯具デザイン(灯具サイズ、狭配光角等)を可能とし、照明器具の可能性を広げ、新しい光環境の創出に寄与することが期待されます。

U=開発中
N=新製品