責任ある鉱物調達に関する
デュー・ディリジェンスの取り組み

TOP > 責任ある鉱物調達に関するデュー・ディリジェンスの取り組み

責任ある鉱物調達に関する
デュー・ディリジェンスの取り組み(2021年度)

1. 体制

当社は、調達部門が中心となり、その他の関連部署と協力しながら、責任ある鉱物調達活動を推進しています。
また、当社の責任ある鉱物調達方針に反する行為については、通報窓口として「責任ある鉱物サプライチェーンに関するホットライン」を常設し、改善活動につなげています。

2. 2021年度 責任ある鉱物調達 デュー・ディリジェンスの取り組み

当社は、お取引先様にご協力をいただきながら、サプライチェーン全般における「責任ある鉱物調達」を推進しています。
推進に当たっては、「OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス(OECDガイダンス)」にしたがって、サプライチェーンの透明化に取り組んでいます。
具体的には、製錬/精錬業者の調査においては、お取引先様の対応業務の負荷低減および調査効率向上を図るため、「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI)」の発行する「コンフリクト・ミネラル・レポーティング・テンプレート(CMRT)」「コバルト・レポーティング・テンプレート(CRT)」または「エクステンデッド・ミネラル・レポーティング・テンプレート(EMRT)」を使用しています。

3. 調査状況

紛争鉱物およびコバルトについては、日亜グループ全体で約115社の仕入先様に調査を実施し、100%回収しました。回答いただいた調査票に基づき、適正なリスクアセスメントを行った上で 製錬/精錬業者の特定や、仕入先様への継続的・発展的な調査をはじめとしたリスク低減活動を行っています。